心身症は誤解を招く【蓄積されることで影響が体に現れる怖い病】

病院

ストレスを溜めるな

カラオケで発散

悩み

心身症の最大の敵はストレスです。ストレスを感じなければ心身症にはならないと言っても良いでしょう。しかし、働いている人はとくにですが、ストレスを感じないようにすると言うことは現実的ではありません。ストレスを感じないように気をつけなければと思う方がストレスになるでしょう。心身症にならないために、ストレスを感じないように頑張ると言う考えは捨てましょう。そして、ストレスを溜め込まないようにすると言うことを心がけることです。心身症を治療するために病院で薬を処方してもらっている人もいるでしょう。心理療法を受けている人もいます。病院で治療をすることも大事ですが、生活にも一工夫してみましょう。心身症の人から人気なのがカラオケです。大声で歌うことはストレス発散になります。心身症の改善に役立つこと間違いなしでしょう。ただ、外に出たくないと言う人もいます。その場合は、自宅で好きな音楽を聴くようにしましょう。音楽にはヒーリング効果があって、心身を癒してくれます。

周囲の人が

心身症になりやすい人は、病気になっていることを自分自身で気づけないと言う特徴があります。また、具合が悪くても具体的に表現できないと言うのも特徴的です。ですから、家族や友人と言った、周囲の人が重要になってくるでしょう。本人がつらさを口に出さなくても、態度や行動でつらさが出ていることがあります。いつもと違うなと思ったら、すぐに病院に連れて行くこととまでは言いませんが、注意して様子を見ましょう。とは言え、どう言うサインがあらわれるのか分かっていないと、注意して様子を見ることもできません。イライラすることが増えてあまり笑わなくなった、自分から発言しなくなったと言う場合、心身症である可能性が高いです。さらに、他人と距離をおくようになり、何をするにもおっくそうなら、一度病院へ連れて行った方がいいでしょう。何もなければ何もないでいいわけです。ただ、病院で問題なしと言われても安心してはいけません。心身症は診断が難しいです。引き続き見守るようにしましょう。