心身症は誤解を招く【蓄積されることで影響が体に現れる怖い病】

病院

心身の変調の場合は

体調に不調が起きたら

悩み

心身症は過度のストレスや交感神経などの不調などによって、心身に変調をきたす病気です。人によっては頭痛がひどくなったり、胃腸が不調になったりします。人によっては動悸に変調をきたすこともあるようです。また気力としても、普段と違って日常生活の活動に意欲がなくなる事もあります。この場合、体調に変調をきたしているときは内科や脳外科に行って身体の病気か否かを判断する必要があります。もし内科などで特に異常が見られない場合については、精神的な面に原因が考えられるために心療内科に行く事を推奨します。心身症は現代のようにストレス社会においては誰でも発症しえると言っていい症状です。心療内科の通院は最初は抵抗がある人もいるようですが、現在は敷居が低くなっているクリニックも数多く存在するため、通院が容易になっているとも言えます。心身症を発症してしまった場合、普段の生活面や仕事面で頑張りすぎていた可能性が高いために、もう少しだけ自分自身を甘やかしても良いケースが多いのが特徴です。

入浴ではリラックスが大切

心身症の要因の1つに自律神経の乱れがあります。自律神経を正常にするために有効な方法の1つとして入浴があります。身体をお湯で芯まで暖かくして、そしてリラックスすることで自律神経にも良い影響を与えます。家庭のお風呂でも十分に良い効果を得られますが、より高い効果を求めるのならば温泉に行くのが良いと言えます。温泉の中には自律神経に良いとされる成分も含まれています。また温泉は広いために、お湯に浸かっている時に身体を伸ばしてリラックスできる事も自律神経に良い効果を得られます。また近年の研究ではサウナも自律神経を正常化するために有効な事が判明しています。そのためサウナを有効活用しましょう。もっともサウナを利用するときは水分を十分に摂取しなければ脱水症状など身体に悪影響を与えてしまいますので、水分には気をつけましょう。さらに長時間サウナにいるよりも、20分前後でサウナから出て冷たい水を浴びて身体を緊張状態にさせて、そしてその後に日光浴などで身体を暖める事が自律神経に良いとされています。