心身症は誤解を招く【蓄積されることで影響が体に現れる怖い病】

先生

ストレスの蓄積は要注意

先生

心身症と聞いて、正確にどのような病気かを答えられる人は少ないのではないでしょうか。心の病気のような誤解を招きやすい疾患なのです。心身症はストレスが蓄積されることで影響が体に現れた状態のことです。具体的にはストレスから胃潰瘍になってしまったという場合がこれにあたります。心身症で起こっている疾患がストレスによるものか、その他の原因によって起こっているものかを判断することは非常に困難なため、診断が難しく、時間もかかってしまいます。では、心身症を発症しやすい人の共通点はあるのでしょうか。どの年代でも発症しますが、一番ストレスがかかりやすいとされている男性で30代〜40歳代、女子では20代〜30歳代が発症しやすいことが知られています。また、心身症の発症には性格の傾向も大きく関係すると言われています。自分に自信を持っている方はあまり心身症にはなりませんが、逆に自信が無い方や他人の目を気にし過ぎる方は心身症に限らず病気になりやすいと言われています。そのため、自分の性格にそういった負の傾向がある場合には、発症していないかどうか日頃からチェックしてみると良いでしょう。心身症の発症によって、体には挙げきれないほどの症状が出てきてしまいます。例えば、肺や喉などの呼吸器に関する症状や、胃や腸などの消化器系の症状など様々です。一見すると他の病気と思われがちなこれらの症状ですが、心身症の場合原因が性格に特定できないのです。

今、自分の問題になっている症状がストレスが原因かどうかを判断することは困難ですが、心身症だと、心の状態は日々変化するため、心身症の症状も良くなったり、悪くなったりと波があります。また、症状を緩和する内科的治療だけではすぐに再発してしまう特徴があります。治療方法は薬物療法と、心理的な治療を行ないます。一般的な精神療法は先生やカウンセラーと話をしながら行ないます。話し合いの中で、自分が受けるストレスを受け流す方法などを学んでいきます。これはストレスに弱い人にはとても有効で、どうすればストレスを上手に扱えるようになるかを対話の中で考えていきます。時間はかかりますが、再発防止にもつながり、とてもよい方法といえます。自分一人では失敗しやすいので専門家の力を借りて焦らず、ゆっくりとやっていきましょう。

ストレスで体の調子が悪い

病院

心身症は、特定の病名ではなく、心にかかったストレスが体に表現された状態を指します。このため、症状は消化器系・呼吸器系・神経系その他広範囲にまたがっています。心身症は自分ではっきりと自覚していない人も多いので、少しでも心当たりがあれば精神科や心療内科で相談してみることが大切です。

詳細を確認する

ストレスを溜めるな

悩み

心身症を発症する方の多くが、病気が深刻化するまで自身が病気だということに気づけません。そのため、家族や友人など、周囲の人が様子を見てあげましょう。心身症の改善にはストレスを発散することが大事ですが、カラオケは特に効果的と言われています。

詳細を確認する

ストレスが原因となる病気

悩み

心身症は、心の内面でストレスが溜まり、それが原因で身体に潰瘍や自律神経失調などの疾病として現われる病気です。社会的な環境に過剰に適応するあまり、自分の感情や喜怒哀楽が表現できない人が罹りやすく、周りもその原因を見つけにくい病気でもあります。

詳細を確認する

心と体のバランスが大切

先生

仕事が思い通りにならない、あるいは家庭生活の問題など、必要以上の ストレスが継続していくと、うつ病など身体的な病気となって引き起こされることがあります 。心身症 は、精神的疾患ではなく、持続したストレスが原因でその判断が大事になります。

詳細を確認する

心身の変調の場合は

悩み

心身症は自律神経の乱れなどが要因となって心身に変調をきたしてしまう病気です。そのため内科などで異常がない場合は、早期に心療内科の治療で自律神経を正常化する事が大切です。また自律神経を正常化するためには、温泉やサウナが有効となります。

詳細を確認する